赤鯱新報

【クラブニュース】名古屋グランパス新体制の一部と新戦力が発表!直志が現場に帰ってくる!

本日11月30日、2016年チームの最終練習が終了した後に佐々木眞一社長より組織の変更に関するアナウンスがなされた。そこではゆくゆく社長に就任する予定の小西工己顧問の紹介に加え、中村直志の強化担当就任も発表。さらにブラジル人選手3名の獲得リリースも同時に行われるなど続々と新チームにおけるキーマンたちが発表された。今回は佐々木眞一社長、小西工己顧問、下條佳明GMによる発表の会見および、12月1日付で強化担当部長に就任する大森征之さんのコメントをお届けする。


【発表記者会見】
○佐々木眞一社長
「明日付でグランパスの組織変更、そして新しい選手の加入等についてお話しします。始めに全体的な話を私の方からさせていただきます。今回のJ2降格は経営陣として非常に重く受け止めなければいけない、ファン、サポーターを始め全てのステークホルダーの方々に対して、さらにチームは一生懸命頑張ってくれたんですけど、それを支えきれなかったということに対しても非常に申し訳ないと思っています。ご存じの通り、全員がその責任を取る形になりました。私は新しい経営陣に思う存分力を発揮してもらえる環境づくりが終わりましたらバトンタッチをしたいと思っております。それまでしばらくは頑張りますので、皆様の温かいご支援と厳しい叱咤をよろしくお願いしたいと思います。
一時的には戦力ダウンと言いますか、ファン、サポーターの皆さんには慣れ親しんだ、応援している選手たちがグランパスを去っていってしまいますので、非常に寂しい思いをされていたり、悲しい思いをさせてしまっているかもしれません。しかしこういうことを全て飲み込んで、J2にいるだけではなく、J1上位、さらにはACLで優勝を狙えるようなクラブに育てる。そのポテンシャル、基盤作りをしたいというのが狙いであります。もちろんチームとしてはクレバーで高い技術を当然望んでいるわけでありますけども、やはり勝点1に最後までこだわる泥臭さ、戦い抜くタフネスを求めていきたいと思います。それから戦いを重ねるごとに進化をしていくチーム、シーズン当初からシーズンの終盤になって、本当に強くなって皆さんにすごいなと言ってもらえるチームになってもらいたいなと思っています。
もちろん具体的な戦術や選手の育成などにつきましては、監督やGMに一任することになりますけども、あえて素人の私からこうあってほしい選手の姿を言いますと、ベテランは若い選手のお手本となるべく、ピッチ、ロッカー、私生活、全ての点で立派な立ち居振る舞いをしてほしいです。若い選手はいくら尊敬する先輩といえども、オレが取って代わるぞというむき出しの闘志を持っていてほしいと思います。一方で優秀な外国籍選手については、非常に高いレベルの技術や体力や戦術眼をもった選手を雇おうと思っております。そこで日本人の選手たちには一刻も早く、その選手たちに頼るのではなく、そのレベルに自分たちが上がるということを目指して頑張ってもらいたいなと思っています。今言ったようなことは事業、チーム統括にも同様のことが言えると思います。

また後程、具体的な組織変更についてはお知らせしますが。まずは本日発表します小西顧問のことを紹介したいと思います。小西さんは次期、私の後任社長候補として、12月1日から名古屋グランパスにフルタイムで来ていただいて、しっかり先ほど私が申し上げた体制作りを一緒にやってもらいたいと思いますし、4月以降は思う存分力を発揮して頂けるような準備をしていきたいと思っております」

○小西工己顧問
「みなさんこんにちは。ただいまご紹介に預かりました小西と申します。明日からグランパスの、歴史あるグランパスの顧問ということで、新しい任を仰せつかることになりました。私自身、非常にワクワクしております。しかし、こんな中で皆さんもご承知の通り、J1からJ2に落ちるという事態になっております。その間、みなさんメディアの方におかれましては、叱咤も激励も、とにかく色んな報道をしていただきました。それに対してファンの皆様、そしてサポーターの皆様から、温かいお言葉、叱咤も頂きました。これほど関心を持っていただき、これほど強い声で我々に声をかけてくださるサポーターの皆様、そしてメディアの皆様にもありがたいと思い、まだその時私はアサインされておりませんでしたので、外の方からこの状況を眺めておりました。これから立場が変わり、グランパスの中に入れていただき、まずは顧問という立場で中から、サッカーのことはサッカーのプロの方々にお任せし、私は役割としましては、役割の違う方々や立場の違う方々、こういった多くの方々が前へ向けてグランパスという会社、そしてチームをファンの皆様のために、そしてサポーターの方々のために、ちょっとでも、一歩でも二歩でも前に進むように力を結集させていくのが、私の仕事だと思っております。皆様方の力も借りながら、いわば、『寝ても覚めてもグランパス』というつもりでこれから一生懸命やっていきますので、皆様方のご協力もぜひお願いしたいと思います。よろしくお願いします!」

○佐々木眞一社長
「組織変更については大げさなものではないのですが、チーム統括はご承知の通り下條GMに就任していただきました。それから今までホームタウン活動という、地域との連携活動をやっておりました中村直志。グランパスのレジェンドですが、彼にチーム統括、チーム強化の方に異動してもらいまして、下條GMとともにこれからの新チーム作りについて、今までの経験や彼の非常に厚い人望を大いに生かしていただきたいと思っております。

(残り 6564文字/全文: 8878文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ