赤鯱新報

【名古屋vs山口】プレビュー:前節の不出来を払拭する快勝が望まれる一戦。チームにあふれるモチベーションと“新戦力”が、その追い風になる。

■2017明治安田生命J2リーグ第9節
4月22日(土)名古屋vs山口(14:00KICK OFF/パロ瑞穂)
———–
風間八宏監督がマネジメントする厳しくも正当な競争原理が、今節への新たな力を引き出そうとしている。前節、徳島を相手に誰もが不出来と認める試合をしてしまった反省を活かしつつも、指揮官とチームの目は後ろではなく前だけを見る。「前のことを修正するというより、もっともっと前に進まないといけない。前の試合は前の試合で、この1週間で何ができるか、誰ができるか」という指揮官の言葉は、チームの総意だ。ゆえに山口を迎え撃つホームゲームでは、そのモチベーションが炸裂するような試合展開に期待が持てる。

選手個人のモチベーションで言えば、チャンスを与えられることになりそうな面々がその先頭に立ってくれそうだ。

(残り 2142文字/全文: 2499文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ