川本梅花 フットボールタクティクス

【警告の代弁】第5回:「ゾーンを守る守備=ゾーンディフェンス」という誤解

試合分析【警告の代弁】第5回:川本梅花が堀江哲弘に尋ねる
「ゾーンを守る守備=ゾーンディフェンス」という誤解

この対談は、11月15日(火)に行われた日本代表とサウジアラビア代表の試合[2〇1]の前に行われました。オーストラリア代表戦の戦いを踏まえ、堀江哲弘の話を聞きながらサウジアラビア戦を振り返ると、試合の動向がよく分かります。引いて守ってカウンターという戦術の対オーストラリア戦。一方、ハイプレスからボールを奪ったらサイドアタックを基盤に攻撃を仕掛けるやり方を取った対サウジアラビア戦。2つの試合での戦い方の差異がはっきり分かります。

サウジアラビア戦で日本はなぜ勝利を手に入れたか。チームとして、また個人として何が改善されたのかが、この対話を読めば理解できます。また、前回から更新が遅れてしまいましたこと、お詫び申し上げます。

【警告の代弁】第5回:「ゾーンを守る守備=ゾーンディフェンス」という誤解

11月15日(火)に行われたロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア代表戦が、日本代表にとって今年最後の試合となった。そこで日本代表の戦いを振り返りたい。今回はバルセロナ在住の堀江哲弘(@tetsuhorie)に、スペインのサッカーを頭に置きながら解説してもらう。対象となる試合は、10月11日(火)にドックランズスタジアム(オーストラリア メルボルン)で行われたオーストラリア代表戦[1△1]だ。

堀江は2011年6月にスペインサッカー連盟公認監督資格レベル2(日本のA級)を取得。現在はレベル3(日本のS級)の資格を受講中で、2016-2017シーズンのU-9とU-14のチームで監督を務める。

古く感じられた日本代表のゾーンディフェンス

――オーストラリア代表戦は1-1の引き分けでした。

堀江 監督が「引き分けでも良い」という考え方だったので「良し」かなと思います。同じ試合でも人それぞれ、指導者の価値観によって、「引き分けでも良し」とするか、あくまで勝つための戦い方をするかに分かれますよね。1人のサッカーファンから見たら「攻めて逆転を見たい」という感情に駆られます。

――日本代表の守備戦術はゾーンディフェンスでした。ゾーンディフェンスと言えば、堀江くんが住んでいるスペインのアトレティコ・マドリードが思い浮かびますが、どのように評価しますか?

堀江 基本的に日本の守備は「ゾーンで守る」というコンセプトだと思うんですが、ゾーンディフェンスのやり方を勘違いしているように見えました。「ゾーンを守る守備=ゾーンディフェンス」ではなくて、まずボールに近い選手ができるだけボールに詰める。素早くできるだけ距離を詰めるという作業が必ず必要になります。それを日本代表の何人かの選手はできていない。もしかしたらヴァイッド ハリルホジッチ監督が分かってないのでは?とさえ思いました。

――それは、どういうところから思ったの?

(残り 3214文字/全文: 4380文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ