川本梅花 フットボールタクティクス

【警告の代弁】第6回:それでも機能していた日本の守備

試合分析【警告の代弁】第6回 川本梅花が新井健二に尋ねる
それでも機能していた日本の守備

この対談も、11月15日(火)に行われた日本代表とサウジアラビア代表の試合[2〇1]の前に行われました。

なぜ日本はサウジアラビア戦で勝利を手に入れたか? 例えば原口元気が与えたPKの理由を、原口が自分の戻りの遅さから招いたものだと認識しているため、サウジアラビア戦の攻守から守攻の切り替えへの激しい動きが生まれたのだと思われます。勝利という結果は、前の試合をどのように消化したのかに掛かっているのです。

【警告の代弁】第6回:それでも機能していた日本の守備

11月15日(火)に行われたロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア代表戦が、日本代表にとって今年最後の試合となった。そこで日本代表の戦いを振り返りたい。今回は、前回サウジアラビア代表の分析を行った新井健二(@kenji_arai)に、日本代表のディフェンスについて分析してもらった。対象となる試合は、日本が1-1で引き分けたオーストラリア代表戦だ。

新井は2001年、アルビレックス新潟に加入する。2004年からアルビレックス新潟シンガポールに期限付き移籍し、2006年にシンガポール・アームド・フォーシズFCへ完全移籍した。彼は、シンガポールのクラブにおいて最も実績を残した日本人として知られる。2013年3月に現役引退を表明。現在は埼玉県熊谷市で「Fly High Soccer school」代表として少年サッカーを指導している。

徹底していた日本代表の守備

――オーストラリア代表のシステムは「4-4-2」で、中盤はダイヤモンド型でした。日本代表はいつもの「4-2-3-1」で本田圭佑選手が1トップを務めましたね。

新井 日本は、ゾーンディフェンスなんですけど、試合はオーストラリアにほぼ支配されていました。日本の戦術として、引いて守ってカウンターという戦い方だった。後ろのDF4枚とボランチの2枚がカバーしながら、きれいなゾーンを作って守備に当たっていました。

――日本のゾーンプレスは、きちんとした守備の形になっていたんでしょうか?

新井 徹底していたというのは、見ていて分かります。

――どこが徹底していたんですか?

新井 ゾーンで守っていて、相手がエリアに入ってきたらプレスのために出て行く。プレスの位置の設定として、ハーフウェーラインからセンターサークルの先頭ぐらいに相手選手が来たなら、その選手にファーストディフェンダー(本田)がプレスに行くというやり方ですね。守って勝点1を拾うサッカーでしたから、先制点を奪ってからは無理に攻めなくて良いという感じで監督から指示が出されていたんでしょう。

――ヴァイッド ハリルホジッチ監督からそうした指示が出されていたと思われるほど、引いて守る方法だったということですね。

新井 オーストラリアは4バックでしたが、ワイドにいるサイドバック(SB)に対しても、本田選手が1人でプレスに行っているじゃないですか。逆に行かなくてもいい。行っても1人ではボールを取れないですから。ディフェンスが始まる位置を担うのをファーストディフェンダーだと考えます。その点では、日本がどこでボールを奪いに行くのかが、はっきりしていなかった。だから本田選手は体力の消耗が早かった。あれだけ引いて守るんだったら、本田選手は無理にプレスに行かずに、相手がボールを持ってセンターサークルを越えたらプレスに行く。それには2列目の選手との連動が必要です。先制点を奪うまでの日本は、それが比較的できていた。

――先制点を得たことで、守り方に変化があったんですね。

新井 先取点を運よく取れたことが大きい。アウェイだったので、追いつかれてからは、勝点1を確保しながらカウンター攻撃を仕掛けるというやり方。なぜ逆転しに行かなかったのか、という意見もあるでしょうが、戦い方は間違っていない。

ペナルティエリア内でファウルを犯した経緯

――失点場面を振り返ってもらいたい。後半早々に原口選手が相手選手を倒してPKを与えてしまいます。

(残り 3922文字/全文: 5568文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ