石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料全文掲載:川崎フロンターレ×サンフレッチェ広島戦での選手たちのリスペクトと会見後の質疑応答【審判批評コラム:レフェリーブリーフィング後編①】

J221節京都サンガFC×ザスパクサツ群馬86分、ザスパ松下の右サイドからのFKを盛田が合わせるが、味方のオフサイドの判定を取られてノーゴールに>

上川徹JFA審判委員会副委員長「これはオフサイドとして得点が取り消されました。

残念な判定で、ファインゴールです。

オフサイドポジションに一人いますが、誰に対しても妨害していない。近くにDFがいますが、DFは自ら動いており、オフサイドポジションの選手が妨害している訳ではない。GKにもインパクトを与えていない。そして、ゴールを決める選手はオンサイドです。

副審は、WAITすべきでした。その選手の近くにボールが来ただけで、旗を上げてしまったことがミスの要因です。」

 

ジェフ千葉×カマタマーレ讃岐13分、千葉がゴールを決めるのだが、ラリベイのゴールはオフサイドだ

上川「どうでしょうか?このGKのプレーは、意図的なプレーではあるのですが、GKは意図的なプレーと考えず、意図的なセーブとみます。つまり、オフサイドが適用されます。

このシーンは、間違いなくオフサイドです。副審は、ゴールを決めた選手が、外側に膨らんでいったため、除外してしまっていた。そして、中央のみをフォーカスしてしまった。」

 

J118節サガン鳥栖×川崎フロンターレ58分、左サイドの車屋がドリブルでペナルティエリア左に進入し、左足で鋭いクロスを入れると、フリーになっていたエウシーニョが合わせ、同点に追い付く>

上川「戻りオフサイドにも見えるシーンです。この真横の映像ではないのですが、ボールの位置、DFの足の位置から見ても、我々は副審の判定をサポートする、真横ではないのでハッキリはいえませんが正しい判定を下してくれたのではないかなと。」

 

J117節柏レイソル×鹿島アントラーズ90+1分、笛があきらかに鳴った後にボールを蹴った土居に警告>

「一つ遅延行為の事例を。ちょっと遅延行為が多くなってきています。次も、説明が難しいのですが、映像を見て頂ければ。」

 

V・ファーレン長崎×愛媛FC58分、長崎のファンマに交代ボードが出る。ファンマが交代に気付いた所で、愛媛FCの交代に移ろうとするが、ファンマはその交代ボードを見て“交代は僕ではない”とピッチに戻る素振りを。主審が交代するように促すも、渋る。第四審判は先に愛媛の交代を行い、もう一度ファンマの交代ボードを出すが、ピッチの外にスムーズに行かず。遅延行為で警告に>

上川「交代が示され、レフェリーがリードします。で、一度出ようとするのですが、相手チームの交代があります。このやりとりが何度かありまして…こういったことが起きていると。

もちろん、第四審判がもっときっちりできたとも言えますが、選手も交代ボードには気づいているので。」

17分、青山がキッキングのファウルで大島を倒し、さらに倒れた大島を足でつっかけたため、エドゥアルド・ネットが青山を押してしまう。両選手が集まり、対立のシーンになりかけたため、西村主審はすぐに間に入る。

が、両選手がもみ合いになりかけると、争点から距離をとり、監視に入る。今季のスタンダード通りのマネジメント(参考記事:対立が収まらないようであれば、輪から離れて何が起きているか監視します)だ。選手たちも、西村主審にチェックされているのを察知し、自分たちで対立を収める>

上川「これは良いシーンで、選手の対立があったのですが、映像を見て頂ければ。

有難いのは、エキサイトしている選手以外は、選手を守ろう、お互いに対立を大きくしないように努力してくれています。レフェリーも最初は介入しようとするのですが、選手が集まってくるので二・三歩引いて、全体を監視する。副審も近くに来ています。

対立が収まってから、ファウルチャレンジに警告。(相手を強く)押して(対立を作った)選手にも警告。カードの基準も正しいですし、お互い納得してくれている。」

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。PCやスマートフォンがあれば、いつでもどこでもアクセスが可能。更新頻度も週3回から5回ですので、鮮度の高いタイムリーなコンテンツを読み、かつご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審

判員取材記を更新

1位:浦和レッズ×鹿島アントラーズ20周年試合、どこも報じなかった審判団の真実

2位:2016ゼロックススーパー杯ガンバ大阪×サンフレッチェ広島戦の裏側

3位:家本政明ノンフィクション、何が変わったのか?

4位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

5位:「死ねといった」と言われたレフェリー、西村雄一の南アフリカまでのプロセス

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ