石井紘人のFootball Referee Jurnal

大分トリニータ小手川へのFC町田ゼルビア髙原のチャレンジはアクシデンタル的でなくファウルをとるべきか。不用意?ハンドリング?得点の機会阻止?【大坪博和審判団批評】

敗れた大分トリニータからすると、3分のシーンは受け入れ難い判定だっただろう。

(残り 421文字/全文: 459文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ