「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【コラム】注目される今冬の移籍動向(2016.12.22)

 チャンピオンシップからクラブワールドカップまで続いた連戦も終わり、残すは天皇杯だけとなった。ここからオフシーズンの動きが激しくなることが予想される。鈴木満常務取締役強化部長は、「来季以降は戦力を上積みして、力で勝ち切るようにしたい」と補強を明言してきた。2連覇が想像できる戦力アップを期待したいところだろう。

 一番注目されたのは石井正忠監督の去就だが、チャンピオンシップ決勝で浦和レッズを破り、7年ぶりの王者に返り咲いたあともクラブワールドカップで躍進を遂げた。続投要請の報道がなされているが、来季もこのまま石井体制が継続されることになるだろう。

 

(残り 2092文字/全文: 2365文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ