「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【コラム】2016年シーズン総括~選手編:GK1櫛引政敏~(2017.01.09)

 その太ももの太さは、曽ヶ端準の3本分はあるのではないかと思うほど、逞しく発達しており、本気で蹴ったボールはかわいそうなくらい遠くへ飛んでいく。ノースリーブからのぞく腕もまた太く、全身にみっしり筋肉が詰まっている。櫛引政敏はパワーの塊だった。

 持っているポテンシャルは一体どれくらいだっただろうか。生まれもった天賦の才で比肩する選手は果たしているのだろうか。努力に努力を重ねてあの身体を手に入れたのなら、いくつか候補があがるかもしれない。しかし、櫛引は生まれついてあのままだ。そのことが彼の人生を明るく照らし、同時に暗い影を落としてきた。

 

(残り 846文字/全文: 1114文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ