「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【コラム】2016年シーズン総括~選手編:MF35平戸太貴~(2017.01.11)

「今年試合に出られなかったら、出場機会のチャンスがあるところに行こう」

 平戸大貴はそう心に決めていた。そこへ図ったように来た町田ゼルビアからのオファー。クラブにとっても平戸は大切にしてきた選手の一人だ。それを外のクラブに預けることは、一つの賭けではあるが、成長のサイクルは早めなければならない。

「欲しいと言ってくれているチームがあるぞ。どうするかは自分で決めろ」

判断をユース出身の若者に託すと、平戸の心は定まっていた。

 

(残り 963文字/全文: 1172文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ