「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【練習レポート】大岩監督が攻撃面を強化するトレーニングに注力する理由(2017.09.13)

 ゴール前にDFに見立てたダミーが4本立てられた。そこに2トップと左右のSHが陣取り、さらに大外に両SBが構える。水曜の練習はコンビネーションを向上させるための練習だった。その前の練習では、最終ライン+両ボランチでビルドアップ時の互いの距離感とポジショニングが確認している。どちらの練習もどう守るのかを意識したものではなく、同攻撃に繋げていくか、どうゴールを奪うかに主眼が置かれていた。

 

(残り 735文字/全文: 928文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ