「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

【コメント】 ちばぎんカップ 柏 vs 千葉 試合終了後の選手コメント「今日の出来をシーズンを通して維持することができれば上位に食い込んで行ける」(クリスティアーノ)+大谷、伊東、中山、輪湖、安西 -4567文字- (2017/02/11)

○クリスティアーノ

−千葉のラインが相当高く、その背後は絶好の狙い所だった?

「最終ラインの統制が取られた、オーガナイズされた組織的な素晴らしい守備だと思うのと同時に、我々の攻撃陣を見ればわかるとおり、我々の前の4人に対してあのオーガナイズの仕方では裏を取られても仕方がない。結果として、我々が今日のゲームの中でいくつもチャンスを作り出していたので、そこをうまく突いて我々が得点したというゲームだったと思います。相手の最終ラインが、皆さんがご覧になったとおりの守備をやってくる。非常にトレーニングされた、守備に置いて完成されたチームだったと思いますが、ただ、先ほども言ったように、私とハモン、ディエゴ、伊東も含めて、前線の選手の対策という部分で相手も分析不足だった気もします。結果として我々がチャンスを作ったのは先ほども申し上げたとおりです」

(残り 4371文字/全文: 4740文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ