「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

【レビュー】 J1 第1節 鳥栖 vs 柏 「準備してきた“鳥栖対策”が奏功。逆転で開幕戦白星スタート」 -1988文字- (2017/02/26)

J1 第1節

鳥栖 1−3 柏

得点者:38分 原川力(鳥栖)、48分 クリスティアーノ(柏)、74分 ディエゴ オリヴェイラ(柏)、78分 武富孝介(柏)

●スタメン

GK中村航輔、DF鎌田次郎、中谷進之介、中山雄太、輪湖直樹、MF伊東純也、小林祐介、大谷秀和、クリスティアーノ、FWハモン ロペス、ディエゴ オリヴェイラ

 

開幕戦を前にしたトレーニングでも、鳥栖のロングボール対策として、橋口拓哉を“仮想豊田”に見立て、最終ラインの4人とボランチによるの守備練習を徹底して行なっていた。

そのチームの狙いを試合終了後の記者会見で説明する下平隆宏監督は、「まず昨年、ロングボールから3失点をしているということで、絶対にそれだけはやられるなと…」と説明した中の“絶対にそれだけはやられるな”という部分には力を込めて話しており、その様子からもミーティングで相当強く選手たちに要求したことが窺えた。

(残り 1599文字/全文: 1985文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ