「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

【コラム】 2011年以来の開幕連勝へ。クリスティアーノと武富が抱くホーム開幕戦への手応え -1677文字- (2017/03/01)

未だ鮮烈に脳裏に刻まれている。

昨年の7月23日。クリスティアーノがハットトリックでクラブのJ1通算1000ゴール樹立。同時にその3発によってG大阪を3−2と粉砕した。真夏の日立台が、さらにヒートアップした熱い夜となった。

G大阪戦を前に、その大記録をクリスティアーノに問いかけると、「それはもう過去のこと」と彼は感傷に浸る様子は見せなかった。彼の視線は数ヶ月前の輝かしい偉業にではなく、数日後に控えたホーム開幕戦のピッチに向けられていた。

「昨年の試合は、それはそれで歴史に残ったと思うんですが、今年はさらに違った歴史を作っていきたい。タイトルを取って新たな歴史を塗り替えていかなければいけないという気持ちでガンバ戦に臨もうと思います」

(残り 1364文字/全文: 1680文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ