「川崎フットボールアディクト」

【コメント】天皇杯準決勝 大宮戦前「先を見すぎると良くないので。1試合1試合。まず勝たないと意味がない」(車屋紳太郎)/「自分たちの良さをしっかり出せるように」(小林悠)ほか

天皇杯準決勝 大宮戦を前にした練習後のコメントです。
大久保嘉人、車屋紳太郎、小林悠、大島僚太、中村憲剛、チョン・ソンリョン、登里享平、谷口彰悟、田坂祐介の各選手です。


▼大久保嘉人
--相手の大宮、の印象は?
「前回は退場したんですが、でもハットトリックしてるし、どこが来ようが関係ないです」

--この前の試合は小林くんとの連携がすごく良かったんですが。
「そうね。近くでトントントンとやれるからね。あれがやれるのは、最初に縦に入るから。オレたちに入るからこそ、できるわけで。
悪いときは近くに付けて、そうすると相手のディフェンスはやりやすい。でも前に付けてくれれば、後ろから憲剛さんだったりネットが出て来て攻撃に厚みができる。FC東京戦の2点目もそうじゃないですか。ネットが出てきてますし、ノボリも出て行ってた」

(残り 7662文字/全文: 8012文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3 4 5 6 7 8 9
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ