「川崎フットボールアディクト」

【コラム】[風間八宏監督との5シーズン vol.1] 目からうろこの指導理論


■「止める、蹴る」を再定義

プロであっても上手くなる。それを実感させられた5シーズンだった。

風間八宏監督がフロンターレの指導を始めたのは2012年4月24日のこと。指揮してきた筑波大学では、攻撃的なサッカーを作り上げてきたとの評価は受けていたが、プロを率いるのはこれが初めて。どうチームづくりを進めるのか、注目される中での初練習だった。多くの報道陣が集まる中、風間監督が示した練習は基礎的なものだった。たとえば対面パスのような単純な練習なのだが、今振り返ればそれがその後のフロンターレの基礎となった。選手たちは、サッカーにおける基本技術であるところの「止める、蹴る」を再定義し習得することになる。

(残り 692文字/全文: 989文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ