「川崎フットボールアディクト」

【コラム】阿部浩之がチームに馴染む過程

■新加入選手の良さを引き出す
沖縄合宿中の2月4日の午前練習でのこと。主力組としてプレーしていた阿部浩之が、小林悠と激しめの意見交換を行った。小林の声が響くピッチからの印象は、そこに意見の対立の存在を感じさせた。

この件について小林悠に聞くと、ポジショニングに関し気になることがあったのだという。ただそれは深刻なものではなく、シーズン序盤の今だからこそ「意思の疎通だったりは大事だと思います」と話すたぐいのものだという。

(残り 1506文字/全文: 1714文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ