「川崎フットボールアディクト」

【レポート】ACL GL 第3節 広州恒大vs川崎 交代選手の活躍で、土壇場で掴んだ勝ち点1

■流れを手繰り寄せた長谷川竜也の投入
苦しんだ試合の流れが戻りつつあった後半。広州恒大を慌てさせたのが後半60分に投入された長谷川竜也だった。そのきっかけは井川祐輔の負傷ではあったが、急遽途中交代出場のピッチを踏む。

「常に準備はしてたので。試合にずっと出たかったので。悔しい思いもありましたしいろんな思いがあったので、絶対やってやるぞと(思っていました)」と振り返る長谷川は昨年の11月23日のチャンピオンシップ準決勝の鹿島戦で負傷。長期間に渡る治療とリハビリを終えて全体練習に復帰。公式戦ではそれ以来の試合出場となった。

(残り 2104文字/全文: 2364文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ