「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第4節 FC東京vs川崎 「しっかり休んで切り替えて、また頑張りたいと思います」(大島僚太)/「出たら流れを変えたいと思っていて、そのファーストプレーで決めきれればよかった」(長谷川竜也)ほか

J1 第4節
3月18日(土)(19:04KICKOFF/味スタ/36,311人)
FC東京 3-0 川崎

ペースは握っていたように思いますが、決定機の数は思うように作れず。作った決定機も枠に飛ばないということで、得点に繋げられませんでした。
守備面で最後まで我慢できず、ミスから失点したあとに追加点を献上してしまうと勝利はおぼつかないという試合でした。
ということで、試合後の選手コメントです。まずは大島僚太、長谷川竜也から。

追記)
小林悠、谷口彰悟、奈良竜樹、中村憲剛、登里享平の各選手のコメントを追記しました。
また大久保嘉人のコメントも付記しました。
試合後のコメントは以上です。

◯大島僚太
--大久保嘉人と対戦した率直な印象を教えてください。
「4年一緒にやってたので。変な感じといえば変な感じですが、嘉人さんを意識してプレーはしていないので。何かあるかと言われればないです」

--ここから気持ちをどう入れ替えていきますか?
「中断に入る前に負けたのは切り替えきれないところもありますが、しっかり休んで切り替えて、また頑張りたいと思います」

◯長谷川竜也
--最初のプレーでシュートに行きましたが、あのイメージというのは?
「ニア上にめがけて打ったんですが、ちょっと枠を外れてしまいました」

--ああいうところに顔を出す回数が増えていて、そういう意味では得点に近づいているのかなと思ったんですが。
「自信を持って臨めてますし、出たら流れを変えたいと思っていて、そのファーストプレーで決めきれればよかったんですが、もっと練習します」

(残り 4128文字/全文: 4778文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3 4 5 6 7
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ