「川崎フットボールアディクト」

【コメント】J1 第5節 仙台戦前「ずっと背中を追いかけてきたので。そういう選手と一緒にできるのは…。自分もやってやろうという気持ちにはなるので」(長谷川竜也)/「上位でいるためにここ負けたら痛い」(大島僚太)ほか

第5節の仙台戦を前にした練習後のコメントです。
長谷川竜也、大島僚太、谷口彰悟、知念慶、三好康児、板倉滉、小林悠、奈良竜樹、中村憲剛の各選手です。


◯長谷川竜也
--左サイドバックから始まって、WBを経て前まで来ましたね。
「結構自分の中でポジションの整理をするのが、慣れるまでは難しいんですが、今日も自分のイメージどおりに行くまでは難しい部分がありましたけど、ここが通ってれば、というところもありましたしそういうのをすり合わせていければ。特に憲剛さんとか僚太くんが持ったときはいつでも怖いところに、足元に蹴られる選手は多いので、背後にどれだけ自分が抜けられるのかというのはどこのポジションでも意識してやってますね」

--抜けるスピードはすごいね。
「ちょっと疲れちゃいました。久しぶりにやって。前から追いかけるのがうまいから、剥がされまくって疲れちゃいました」

(残り 7606文字/全文: 7981文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3 4 5 6 7 8 9
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ