「川崎フットボールアディクト」

【レポート】J1 第7節 札幌vs川崎 戦線復帰の阿部浩之が加わりPK奪取。小林悠が決めた先制点を守れず。ガマンの引き分け

■3人目の動きのズレ
試合後、田中雄大を見つけ、笑顔とともに絡む小林悠に福森晃斗が加わる。さらにそこに中村憲剛が合流してさながらフロンターレ同窓会の様相を呈していた試合後のミックスゾーンは活気があった。1−1というスコア自体は両チームにとって納得の行くものではないはずだが、それでも幸か不幸か決着が付かなかったことで、歓談の輪は和やかに広がっていたように思えた。

「報道陣の前で止めなさい(笑)」と苦笑いする憲剛に対し、PK奪取の瞬間の体の使い方を突っ込む田中雄大と福森に、彼らの成長した姿を見た気がした。

(残り 2673文字/全文: 2924文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ