「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第12節 鹿島vs川崎 (車屋紳太郎)「最後までゼロでおさえられたのは大きかったです」/(小林悠)「大きかったですね、あの2点目は」

J1 第12節
5月19日(金)(19:03KICKOFF/カシマ/10,838人)
鹿島 0-3 川崎

◯車屋紳太郎
--立ち上がりから鹿島バリの激しさでぶつかっていましたが、みなさんそこら辺は意識されたのでしょうか?
「特に意識はしてなかったと思います。ただ、去年本当に悔しい思いをした選手も多かったと思いますし、カシマスタジアムでは毎回苦しい戦いになっていたので、それでみんな力が入っていたところはあったかもしれないですね」

--一番最初に鈴木優磨に裏に抜け出される場面がありましたが、何度かラインブレイクされる場面があって、そこは中でどう対応してたんでしょうか?
「相手のサイドの選手がCBの間まで走り込んだりとか。オフサイドでラインを上げようとしている瞬間に、いいタイミングで入ってこられていた。そこはちょっと前半は上手くラインコントロールできていなかったし、ハーフタイムで修正して監督からもそれを注意しようという声もありました」

(残り 952文字/全文: 1362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ