「川崎フットボールアディクト」

谷口彰悟が多摩川クラシコを振り返る。「最後は気力という感じでした」【麻生レポート】

笑顔で「脱水症みたいな感じでした」と話すのは谷口彰悟。FC東京戦後に体調不良を訴え早々に取材エリアを通過したため、話を聞けていなかった。

最後の最後の永井謙佑との1対1がやはりダメ押しになっていたようで、試合終了直後にはピッチにへたり込むような場面も見られた。

(残り 318文字/全文: 447文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ