「川崎フットボールアディクト」

【レポート】J1 第21節 新潟vs川崎 課題を修正したフロンターレがじれずに2点を先行。新潟の猛攻を封じ2-0で勝利

■苦しみながら先制点
勝つには勝ったが、苦しんだ。最後は個人のクオリティに依存したという試合だった。

函館合宿を終えリーグ戦に復帰した直近のフロンターレに対し、磐田、FC東京の対策はピッチ中央を固めるというものだった。相手が密集しているにも関わらず、焦れて中央から仕掛けようとしてボールロスト。これをシュートにまで繋げられるという試合展開がここ2試合続いていた。

(残り 2420文字/全文: 2599文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ