「川崎フットボールアディクト」

森谷賢太郎がブログに込めた想い【コラム】

敗退したACL浦和戦の翌日。選手ブログの一つが更新される。

悔しさにまみれるチームにあって、その中でも人一倍悔しかったはずの森谷賢太郎のブログだった。「ACL」と題されたこのエントリーは「こういうとき、とても更新しづらいのですが、更新します。」との言葉で書き始められていた。18日の練習後。このブログについて聞いてみた。

「そうですね。誰も更新しないので、やっておいた方がいいかなと思ったので」と話す森谷の真意は、サポーターに気持ちを伝えたかったという部分にあったという。

「これだけ(サポーターと)密着してるクラブはないと思いますし、ましてやタイトル取ってないクラブで今年4冠取れるかもという中で期待値はすごく高かった」

(残り 594文字/全文: 902文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ