「川崎フットボールアディクト」

【コメント】ルヴァン杯準決勝第2戦 仙台戦前 (登里享平)「あの状況の中で3−1じゃなくて、3−2にできて、というところではポジティブにとらえていかないといけない」

ルヴァン杯準決勝第2戦の仙台戦を前にした練習後のコメントです。

◯登里享平
――いきなり活躍してましたが。
「いやいや。でも45分できたのは大きいですね、コンディション的に。リバウンドもないですし」

――久しぶりにやってみてどうでしたか?
「やることは明確だったので。しっかりギア上げて。システムもそうですが、相手の方が気持ち出てましたし、結果的に受ける形になってしまってたのは見てて感じました。まあ難しいかったですが。フォーメーションも変わった中で、ピッチもそうですし、止めて蹴るところのリズムというのがうまく相手のところでハマってたかなと思います」

(残り 750文字/全文: 1021文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ