「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 ルヴァン杯準決勝第2戦 川崎vs仙台(森谷賢太郎)「自分がボランチで守備やってる時は嫌だし、そういうところを突けたのは良かったかなと思います」

ルヴァン杯準決勝第2戦
10月8日(日)(15:04KICKOFF/等々力/22,385人)
川崎 3 – 1 仙台

◯森谷賢太郎
「前半立ち上がりからみんな気持ちが入ってたと思いますし、そういう試合で勝つというのはチームとしても個人としても成長できると思うし。勝てたのは良かったです」

――立ち上がりから点が決まるまでは攻撃的な姿勢を見せてたと思うんですが、このあたりの時間帯はどういう意識だったのでしょうか?
「監督からもタイトルを取る執念を見せろと言われてたので。それで気持ちが奮い立ったし、勝たないといけないという状況だったので。みんなで点を取ろうという意思統一ができたと思いますし、1点取ってからは攻め込まれる場面もありましたが、その時でも後ろでしっかりしのごうという話はしてましたし本当にチームとしてまとまっていい試合ができたかなと思います」

(残り 777文字/全文: 1144文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ