「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 ルヴァン杯準決勝第2戦 川崎vs仙台(長谷川竜也)「自分の中でしっくりくる左足のシュートみたいなのがあって。それをうまく実践できた」

ルヴァン杯準決勝第2戦
10月8日(日)(15:04KICKOFF/等々力/22,385人)
川崎 3 – 1 仙台

◯長谷川竜也
「今日は相手も1試合目みたいに背後にどんどん蹴ってセカンドボールを拾うようなサッカーではなくて、自分たちが主導権を握れてゲームが始まったので、外から見てて点を取るのは時間の問題かなと見てました。そこで三好がしっかり点を取ってくれたので、この試合は有利に進めることができるな、という印象で外から見てました」

――交代で入る時の監督からの指示は?
「ドリブルで前に運んで、とにかく前への推進力とかを持つのと、守備ではしっかり戻って、助けることをということです」

(残り 984文字/全文: 1268文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ