「川崎フットボールアディクト」

阿部浩之がチームのルヴァン杯決勝進出について語る【麻生レポート】

ケガのため戦線離脱中の阿部浩之が、チームのルヴァン杯決勝進出について語った。

阿部は9月23日のアウェイ神戸戦で負傷しており、全治は1ヶ月と診断されていた。順調に治れば11月4日の決勝戦には間に合う。そうした状況もあり、負傷直後には冗談交じりに決勝戦に間に合っていれば「おいしいですね」と笑っていた。もちろん笑わせるための発言ではあったが準決勝を突破しなければ、活躍する可能性はゼロ。そういう意味でチームの決勝進出を喜んでいた。

その阿部はルヴァン杯について「若手というかそういう選手が活躍しないと上にはいけない。だからチーム全体で一番戦っているなと感じるのがルヴァン杯だと思う」と述べており「総合力がないと決勝にはいけないし優勝もできない」と話す。

(残り 499文字/全文: 822文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ