「川崎フットボールアディクト」

川崎フットボールアディクトとは?

■概要

サッカーライター江藤高志が川崎フットボールアディクトを創刊したのは2015年のことでした。

創刊時から変わらず持ち続けてきた目標は、継続的に取材し原稿を掲載していくというものでしたが、おかげさまでコンスタントに記事を公開することができています。

掲載してきた原稿については試合にまつわるものが中心となっており、それに付随して練習場などでの取材をベースにした記事を出稿しています。商業媒体では追いかけきれないニッチな原稿も特徴の一つです。

創刊初日に会員登録してくださったのはちょうど11人でした。海の物とも山の物ともつかない川崎フットボールアディクトを最初に購読してくださったこの11人のみなさんに感謝しつつ、サイトを訪れてくださっている読者のみなさんに喜んでいただける原稿を心がけてきました。おかげさまでアクセス数は増加。当初は一人で書かざるを得なかった原稿も、一部外部のライターさんに依頼して執筆してもらえています。

川崎フットボールアディクトは、外部のライターさんを含めて既存商業メディアでは追いかけ切れない情報を、これからも独自の視点で報じて行きたいと思っています。

自らの感性を信じつつ、読者のみなさんのニーズにも応えられる取材を心がけ、それを書いて行ければと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

編集長 江藤高志

 


4ULbRDfB

 

■編集長 江藤高志(フリーライター)
1972年大分県中津市出身。工学院大学大学院中退。出版社勤務を経て、1999年よりフリーライターに。大分やJ2を専門としていた縁もあり、01年ごろから川崎フロンターレでの取材を開始。04年からJsGOALフロンターレ担当となる。フロンターレでの取材経験を活かすべく川崎フットボールアディクトを立ち上げた。

なお、自他共に認める大酒飲みだったが、2014年4月16日から禁酒を継続中。タイトル獲得祈願の意味を込めており、解禁はタイトル獲得時となります。

ツィッターアカウント(@etotakashi)にも使わせて頂いている似顔絵のイラストは、JsGOAL時代のコーナー紹介用のもの。マンガ家、能田 達規(のうだ たつき)先生に書いていただいたものです。快く使用を許可して頂いて、感謝してます。

 

■出版物
心の壁をとりのぞく サッカーアイスブレイク集」 震災復興の一環として、Jリーグ36クラブの支援を受け「心の壁をとりのぞく サッカーアイスブレイク集」を出版。 これは、震災により移住せざるを得なかった子どもたちが、新天地で順応できていないという状況があると聞き発案。JリーグとJFAの協力を得つつ、彼らが長年培ってきた「場を和ませる手法であるアイスブレイク」をまとめたもの。出版印税の一部をJFAが開設した口座に寄付させてもらった。

世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方」 2015年シーズンよりトップチームへと昇格した三好康児、板倉滉の両者を育てた髙﨑康嗣氏の指導理論をまとめた「『自ら考える』子どもの育て方」では構成を担当する。厳しさの中にも愛情の込められた高崎氏の指導理論を丁寧に紹介した。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

ページ先頭へ