中野吉之伴「子どもと育つ」

無料記事:子どもは育てるものではない?【サッカーと生きる/子どもは育つもの・前半】

▼子どもは育つもの

初めて、この言葉を意識したのはいつのことだろう。日本では「育成論」という言葉が盛んに使われ、ここ数年はドイツに注目が集まっている。その前はスペイン、それ以前はブラジル、フランスだったか。

「日本はワールドカップで優勝した国の動向を追いたがるよね」

普段は大してサッカーに興味のない人でも、こんなことを口にしたり、耳にしたりしたことがあると思う。ただ、結果を出した国から学ぶことがたくさんあるのは当たり前だ。それが悪いなんてことはまったくない。自国の現状を分析し、他国の実情と照らし合わせ、理論の先鋭化や最適化を図り、現場に根付くように普及させる。ドイツもスペインもブラジルもフランスも、そうやって学びの旅を続け、いまの基盤を作っている。彼らの取り組みから、私たちが学ぶ努力を続けなければならないのは明らかなのだ。でも、何を学ぶのかを見誤ってはいけない。どの国の何に注目し、参考にするのか。それを活用するために自分たちの立ち位置を詳細に分析していないと、華々しいことばかりに目を奪われる。どこかのコラムで、こんな見出しを見たことがある。

「イニエスタやシャビの作り方」

その論調は、メッシやロナウドを作ることは難しいが、イニエスタやシャビなら作れる。と、いうものだった。私には違和感だらけだった。それはプレー理論さえ正しければ、さらに、それを選手にトレースさせれば育成はうまくいくという空論だったからだ。なぜ、空論なのか。なぜならサッカーの試合で似たようなシーンはたくさんあっても、同じシーンは皆無だからだ。再現性の高いプレービジョンをイメージすることはできても、すべてが同じように動かない。

自分一人だけではない。味方、相手、審判、観衆、天気、試合環境とすべてが様々な影響を及ぼす。だからこそ、選手には、チームとして再現性の高いプレーイメージを共有しながら、相手との駆け引きの中で即興性が求められる。プレッシャーの掛かり方でピッチ上で見る景色が違って見える。相手がほんの1mイメージとずれた位置に立っているだけで、次のプレービジョンに迷いが生じる。以前、アルゼンチンのリバープレート・ユースチームの育成部長の話を記事で読んだことがある。ちなみに、同クラブはサビオラ、リケルメ、アイマールなど、数々のスター選手を世に送り出した名門だ。

「彼らを作り出すことなんてできないよ。私たちは、ただ彼らが出てくるのを待つんだ。じっくりとね」

おそらく、ここに真実がある。その育成部長は「優秀な選手が出てくるのを待つことはできる」と発言している。でも、私たち日本人の指導者は「選手を作り出そう」としていないだろうか。その証拠に、昨今は必死で「子どもの育て方」を模索しているように見える。ただ、そうやって作り上げられた選手はスター選手ではなく、スター風の選手でしかない。過去、そうしたスター風選手が直面した問題を解決できず、何人も消えていったのを多く目にしてきた。

では、自ら「子どもが育つ」環境とは何なのだろうか。
そして、どうすればそのような環境を作れるのだろうか。

そこで、私の(ドイツサッカー協会)A級ライセンス講習会の同僚で、一番仲良くしていた指導者「ヤン・ジーベルト」の話を紹介したい。彼はいまドルトムントのセカンドチームの監督を務めている。先日、ボーフムで開催された国際コーチ会議に参加した際、ちょっと足をのばして彼に会いに行った。

練習場に着くと、広いピッチに黄色と黒のトレーニングウェア姿のヤンがいた。アシスタントコーチと談笑していた彼は私を見つけると、以前と変わらない屈託のない笑顔で手を振ってくれた。互いに簡単な近況報告をした後、彼は「トレーニングの後でまた話をしよう」といって選手のもとへ戻っていった。これまで講習会では何度も見てきたが、自らのチームを指導するヤンを見るのは初めてだった。

彼は4部リーグのコブレンツのアシスタントコーチからU17ドイツ代表のアシスタントコーチを経て、その後、4部リーグのロートバイス・エッセンの監督、ボーフムのU19監督とトップチームのアシスタントコーチを歴任し、今シーズンからドルトムントのセカンドチームで指揮を執っている。

練習が始まるとそれまでの和やかな雰囲気は一転、選手の集中力が一気に高まった。パス練習では、ヤンの鋭いコーチングがさらに場の空気を引き締める。一つのプレーへのこだわり、実践の中でのイメージ作り、途切れることなくインテンシティの高いトレーニングが繰り返されていた。

どんなプレーが必要なのか、なぜ必要なのか。論理性の高いコンパクトな説明が力強い言葉に乗せられて選手に届いていく。彼が、ここに引き抜かれたことがよくわかる。と同時に、外からも自分たちの哲学に合う指導者を積極的に迎え入れることを恐れない、クラブとしての在り方の重要性を感じさせられた。90分間の練習を終えると、私たちはクラブ施設内の談話室に移動し、ゆっくりと話をした。

冒頭に、ヤンが口を開いた。

「この街はすごいよ。町全体がドルトムントなんだ。わかるか? 誰もがこのクラブを愛している。生まれた瞬間から周囲にあるものがドルトムントのものなんだ。小さな子どもの頃から『みんなドルトムンダー』なんだ」

そして、笑って付け加えた。

「キチ、これがドルトムントだ」

私たちは、指導者講習会での「そういえば、合格した後みんなで飲みに街に繰り出したよな」という思い出話から、現在の育成事情についてのディスカッションをした。しばらくして、日本の話にもなった。私は「日本で指導者育成に尽力しようとしている。日本のサッカー環境を少しずつ変えたい。日本の子どもたちがみんな大好きなサッカーを思い切りやれるようになったら…」、そう話をしていたら、ヤンが切り出した。

ヤン「ドイツがここまで大国になった理由がわかるか?」

キチ「それは育成の在り方を見つめ直して、底辺からトップまでのやり方を整理して…」

ヤン「それもそうだ。でも、まず一番すごいのは『選手がどんどん出てくる』ところだ。次から次へと出てくるんだ。もちろん、それぞれの選手に可能な限りのサポートをする。でもみんながみんな、理想どおりの成長を遂げるわけじゃない。つまづいてしまう選手も大勢いる。でもな、そこで終わりじゃないんだ。どこからか、また才能を持った選手が出てくる。急成長する選手がいれば、じっくり伸びる選手がいる。そうやって様々な環境の中でサッカーをしている子どもたちが、ドイツの至るところに本当にたくさんいる。このネットワークと流れを作り出せたことが一番の理由なのだと思う」

ヤンの言葉を頭の中で復唱してみた。サッカーを始め、サッカーを続け、サッカーと生きる。その流れの中で、自分も生きている。だから、言いたいことがすぐに分かった。そういうことか、と。育成だからと、子どもたちのサッカー環境だけが整えばいいわけではない。ヨーロッパにも南米にも、生涯サッカーと関われる生き方があらゆるところで存在している。そのことが大きいのだ。だからこそ継承されていく。

一つ興味深いデータがある。ドイツサッカー協会(以下、DFB)が発表した2016年の選手登録人数は704万3964人。そのうち成人選手が407万2513人だ。参考までに日本サッカー協会のデータによると、協会登録選手人数は93万7893人で、成人選手は15万489人。この中には、中体連や高体連に属するサッカー選手は含まれていないので、全体の選手数はプラス約40万人というところだろう。

それでも圧倒的に差がある。

この点については「スポーツ財団などで発表されている実施人数と違うのでは?」という指摘を受けたことがある。詳細まで調べることができなかったが、私が調べたのは、日本生産性本部「レジャー白書2016」だった。ちなみに「レジャー白書」とは、1979年から毎年実施されているデータだそうだ。1年間に1回以上当該スポーツを行った参加人口だと、サッカーが480万人、フットサル参加人口が150万人になるという。

ただ「年に一回したことがある」だけで実施人数を数えるなら、ドイツは4000万人にはなるだろう。

「競技人口」という枠組みにおける比較がもたらす考えは一体何なのだろうか。クラブが協会に登録しているということは、リーグ、あるいはトーナメントに参加してサッカーに取り組んでいる人数だろう。ドイツにも楽しむことだけを目的としたリーグはあるし、大学サークルのようにチームを作って活動しているところもある。そうした人たちを含めずに約407万人の大人が、サッカーをそれぞれのレベルや立場に応じて真剣にやっていることはすごいことではないだろうか。

 

« 次の記事

ページ先頭へ