kumamoto Football Journal

【試合後コメント】第1節 vs.カマタマーレ讃岐/試合後の監督・選手コメント

2017_01_sanuki

  • 明治安田生命J2リーグ第1節
  • ロアッソ熊本 2−1 カマタマーレ讃岐
  • 得点/安柄俊(22分、57分:熊本)、永田亮太(70分:讃岐)
  • 7,027人

清川浩行監督(熊本)

まず、たくさんのサポーター、ファンの皆様が駆けつけてくれて、応援してくれてありがたく思っています。ゲームの方は、ホームでの開幕戦でなんとか勝利を収めることができて良かったですし、選手達が最後まで諦めずにプレーしてくれたことにも満足しています。少し長いボールが入る形でセカンドボールが奪えず、ゲームプランを立てていた流れにはならなかったんですけれど、セカンドボールを拾えるようになって、幅を使いながらサイドをうまく利用して、中にボールを運んでいけるようになり、その流れで立ち上がりのセットプレーで点を取って、後半に入ってもまた長いボールの攻撃を食らいながらもなんとかしのいで、もう1点奪いました。1点返されたのはセットプレーの準備が遅くて隙を突かれたので、そこは修正していかなければいけないなと思っています。でも最後まで選手達が頑張ってくれたことに、本当に感謝しています。

(残り 4088文字/全文: 4551文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ