kumamoto Football Journal

【マッチレビュー】第32節 vs.カマタマーレ讃岐/6試合連続無得点での引き分けも、勝点1を加え、一歩前進。

2017J2第32節讃岐戦

讃岐の北野誠監督は試合後、「ひどいゲームだったと思います」「今日は自分たちがやろうとしていること、今までやってきたことが全く出なかったゲーム」「今日のゲームは忘れて、しっかり首位の湘南戦に向けて準備していきたい」と語っている。これは裏返せば、ある意味で相手にサッカーをさせなかったということ。ひやりとする場面も全くなかったわけではなく、村上巧の負傷交代という痛手も負った。もちろん、チャンスを作りながら得点を奪えなかったこと、勝点3を加えられなかったことは、最後の質の低さが要因であり修正や向上が求められる。しかしそれでも、勢いのあった讃岐を抑えきったことはポジティブにとらえて良い。

(残り 1347文字/全文: 1639文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ