松本雷鳥通信

【名古屋vs松本】下川陽太選手「もっと個人的にタフにやらないといけない」岩間雄大選手「最後の精度という部分では大きな差があった」佐藤寿人選手(名古屋)のコメントも。

■2017明治安田生命J2リーグ第27節
8月12日(土)名古屋 5-2 松本(18:03KICK OFF/豊田ス/31,481人)
得点者:33’オウンゴール(名古屋)35’佐藤寿人(名古屋)51’ガブリエル シャビエル(名古屋)56’當間建文(松本)66’佐藤寿人(名古屋)88’青木亮太(名古屋)90+4’セルジーニョ(松本)
———–
●下川陽太選手(松本):
Q:左WBとして今季初先発となったが、序盤は好プレーを披露した。
「あそこの場面でパスで逃げるのは簡単なので、そこで自分の持ち味を出して行こうと思っていた。(13分と22分の場面は)どっちもシュートで狙っていました。シュートでも入るし、触っても入るというボールが一番ベストかなと思いました。ただ後半になると、あと1本で繋がるというところでボールをロストしてしまった。前半はチームとしてもボールを持てていたが、後半は失う場面が多くて考えながら上がっていたので上手く持てなかった。今日は予想よりも暑くなかったが、もっと個人的にタフにやらないといけないと感じました」

(残り 1886文字/全文: 2348文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ