松本雷鳥通信

【名古屋vs松本】レビュー:想定以上だった名古屋の攻撃に抗しきれずに5失点。敵地で連敗を喫する

■2017明治安田生命J2リーグ第27節
8月12日(土)名古屋 5-2 松本(18:03KICK OFF/豊田ス/31,481人)
得点者:33’オウンゴール(名古屋)35’佐藤寿人(名古屋)51’ガブリエル シャビエル(名古屋)56’當間建文(松本)66’佐藤寿人(名古屋)88’青木亮太(名古屋)90+4’セルジーニョ(松本)
———–
試合ハイライト(Jリーグチャンネル)

今節のデータ(Jリーグ.jpより)

○戦評
今節のMOM=ガブリエル・シャビエル(名古屋)

開始直後から、リズム良く試合を進めたのはアウェーの松本。高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪い、前線のアタッカー陣がカウンターに転じる。また両サイドもアグレッシブな動きを見せ、決定機を創出した。
しかし、30分過ぎからホームチームが攻勢に転じる。クリアボールに反応したガブリエル・シャビエルがオウンゴールを誘い、33分に名古屋が先制。その2分後には青木亮太の横パスを、危険な位置に潜り込んでいた佐藤寿人が押し込んで追加点を挙げる。一気呵成の2ゴールで名古屋が主導権を引き寄せた。

(残り 197文字/全文: 1580文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ