ViSta ~V・ファーレン長崎応援WEBマガジン~

【J2第26節:岐阜戦直前レポート】北谷史孝選手「1プレー目にこだわった試合の入り方をしたい」

夏休み期間中ということで、V・ファーレン長崎サッカースクールの子供たちが見学に訪れるなど、多くの子供が見守る中で始まった今週のトレーニング。

連敗中ということもあり、FC岐阜戦を立て直しの契機としたいチームだったが、選手たちの気持ちは高まっているにも関わらず、それをプレーで上手く表現できない、もどかしいムードのトレーニングとなってしまった。高木琢也監督もこの状況を受けて、ベースとなる戦い方を細分化して指導するなど、様々な工夫を行なったが、チームの状態を劇的に変えるまでには至らなかった。その中でも、ベテラン勢が若手やコーチ陣と積極的に話し合う光景も出てくるなど、現状を克服しようという姿勢は感じることができた。

(残り 1578文字/全文: 1942文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ