ViSta ~V・ファーレン長崎応援WEBマガジン~

【トピックス】Jユースカップ開幕迫る!

10月14日(土)、長崎市の長崎市総合運動公園(かきどまり陸上競技場)で『2017 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会』(以下:Jユースカップ)が開催され、V・ファーレン長崎U-18はFC琉球U-18と対戦する。

Jユースカップは全日本クラブユースに次ぐU-18年代の大きな大会で、V・ファーレン長崎にとっては、2015年に福岡県でアビスパ福岡U-18と、昨年に宮城県でベガルタ仙台U-18と戦い、どちらもアウェイで接戦を演じながらPK負けをしてきた悔しい大会だ。今季、九州クラブユースでまさかの初戦敗退を喫したV・ファーレン長崎U-18にとっては、今年残された唯一の全国大会であり、初戦突破に賭ける思いは強い。

今季のV・ファーレン長崎U-18は、初めて経験する九州プリンスリーグのレベルに戸惑い、苦しみ、中々思うような戦いができずにいた。だが、徐々にレベルに慣れて、守備の安定感が増してくると、粘り強い戦いを披露して着実に勝点を積み上げられるようになってきている。悪くない状態で初戦を迎えられるはずだ。その初戦で対戦する相手はFC琉球U-18。沖縄県U-18リーグ所属し、九州プリンスリーグで戦うV・ファーレン長崎U-18にとってリーグカテゴリー的には下の相手にあたる。相手の勢いに対して受けに回らず戦うことができれば悲願の初戦突破の可能性は高い。

初戦を突破すれば、待ち構えるのはプレミアリーグイースト首位に君臨する清水エスパルスユースだ。清水ユースのレベルは全国トップレベルで、年代屈指の最強チームである清水ユースとアウェイで公式戦を戦うことはV・ファーレン長崎U-18にとって大きな経験となるに違いない。是非、2回戦まで進出してもらいたいと思う。

今回のJユースカップ1回戦は先にも書いたとおり長崎県で行なわれる。せっかくのホーム開催でもあるので、ぜひお時間がある方はV・ファーレン長崎の未来を応援に行って声援を送っていただければ良いなと思う。

『2017 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会 1回戦』
V・ファーレン長崎U-18 対 FC琉球U-18
10月14日(土) 11時キックオフ
長崎市総合運動公園(かきどまり陸上競技場)

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ