trinita.eye(トリニータアイ)

【選手eye】ホーム開幕が大分デビューの場に。鈴木惇流“前線の活かし方”


開幕戦は契約上の理由で出場できなかったのはやむを得ないが、2節東京V戦は「いつでも出られる準備はしていた」だけに出場機会を与えられなかった悔しさは残った。「これまでの2試合は意図する形でボールを動かせた時間帯はあるが、ボランチが攻守でしっかり存在感を出せばもっと自分たちのペースで試合ができると思う」。鈴木惇はベンチ脇のアップスペースから試合を眺め、自分がピッチに出たときのイメージを描いていたのだろう。

(残り 851文字/全文: 1053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ