trinita.eye(トリニータアイ)

【選手eye】福森直也。迷いなく突っ走る。それが自らの新たな道を切り拓くと信じて。

攻撃的CBとして自信を得たに違いない――。3節山口戦(○2-0)で福森直也は追加点をアシストした。自陣からボールを運び、センターライン付近で一度スピードを緩めバックパスを考えたが、トップスピードにギアチェンジして追い迫る相手を置き去りにした。そこからペナルティエリアまでボールを持ち込み、最後はフォローした伊佐耕平にラストパスでゴールをお膳立て。「FWが点を取ると(チームとして)勢いに乗るので」とパスを選んだところが心憎い。

(残り 598文字/全文: 811文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ