trinita.eye(トリニータアイ)

【大分vs愛媛】レビュー:ラストワンプレーで同点弾。勝点を積み上げることが重要

■2017明治安田生命J2リーグ 第6節
4月1日(土)大分 1-1 愛媛(14:03KICK OFF/大銀ド/6,788人)
得点者:65’西田剛(愛媛)90’+5林容平(大分)
—————

「選手の踏ん張りがあって得点できた。勝点1を積み上げたことをポジティブに捉えたい」。ラストワンプレーで同点に追い付いた試合を片野坂知宏監督は、こう試合を振り返った。1点リードされた状況でアディショナルタイムに入り5分、相手DFのクリアミスをGKがパンチングしたボールを岸田翔平が頭で競り、混戦の中こぼれ球を拾った林容平が右足を振り抜き同点ゴールが生まれた。ホームで勝点3を失わずに試合を終え、表情は硬かったが指揮官は胸をなでおろした。

(残り 838文字/全文: 1154文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ