trinita.eye(トリニータアイ)

【山形vs大分】レビュー:2点差を追い付く意地は見せた。あとはタフさが必要

■2017明治安田生命J2リーグ第7節
4月9日(日)山形 3-2 大分17:03KICK OFF/NDスタ/4,822人)
得点者:4’瀬沼優司(山形)42’鈴木雄斗(山形)57’後藤優介(大分)62’三平和司(大分)85’阪野豊史(山形)
—————

「選手は2点ビハインドの状況から追いつき、逆転できるくらいの気持ちとプレーを最後まで出してくれた。次につながる敗戦だった」
試合後、片野坂知宏監督はポジティブに結果を振り返った一戦は、これまでの大半の試合と同じく、試合の入り方が悪かった。相手の出方を見ようと受け手に回り、勢いに飲まれた。開始4分にクリアボールが小さく、瀬沼優司に先制点を許した。

(残り 582文字/全文: 886文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ