「OmiyaVision」片村光博

★無料記事【練習コメント】岩上祐三「全員が動かないとこのサッカーは成り立っていかない」

岩上は運動量を生かしたダイナミックさ、複数ポジションをこなすユーティリティーさで不可欠な存在になりつつある

■岩上 祐三
――中断期間の取り組みで感じたことは?
「(伊藤)彰さんのやりたいサッカーがまた上積みできたと思っているし、それを実現するのは次の新潟戦だと思っている。そこまではちょっとなんとも言えない感じはあるんですけど、やりたいサッカーをやろうとしている感じですね」

――ポジション間のローテーションを増やしているが?
「ローテーションもそうですけど、頭を使ってやっている。体もそうですし、頭も結構疲れる。ローテーションしながらも、空いたスペースを誰が埋めるかというので、全員が動かないとこのサッカーは成り立っていかない。そこはしっかり声を掛けてやっていかないとなと思います」

――判断のスピードは上がってきた?
「そうですね。ある程度、どこに選手がいるとかは配置があるので、そこにパスを出せばいるというのは分かっています。いまはハードワークが求められているので、その中で僕自身の強みも出せているのかなと思いますし、うまくチームに還元できているのかなというのは、この2試合で感じてはいますね」

――切り替えのスピードに関しては?
「攻撃から守備、守備から攻撃と、切り替えを早くすることは求められている。それは湘南、山雅でやってきたことでもあるので、スムーズにやれている感じはあります。より走ること、考えることを求められているので、全然苦にせずやっているつもりです」

――トレーニングからかなり多くのポジションをこなしているが?
「いろいろなポジションをやっていますけど、監督に言われたことをやっています(笑)。与えられたポジションをしっかりやるので、どこをやるかはちょっと監督に聞いておいてもらっていいですか(笑)」

――新潟、広島と下位同士の対戦が続くが?
「そこはもう、言うまでもなく一番大事。そこでの勝点6というのは、実際は倍以上の差だと思うので、アウェイですけど、しっかり2チームとも叩いていかないといけないと思っています」

――新体制での積み上げを出しながら勝利を目指したい?
「積み上げてきたものが出せれば何よりですし、出せなくても最悪、結果だけでも求めていかないと、勝ち残っていけない。まずは結果を求めてやっていければいいかなと思います」

――新潟はかなりカウンターに特化してきているが?
「カウンターというのは見ていても思う。外国籍選手のホニや、鈴木武蔵や山崎は前に出てくるスピードが速い。しっかりリスクマネジメントしていけば対応できるし、まずは僕たちがイニシアチブを握ってやっていければいい。そこでうまく点を入れられるようにしたいと思います」

※コメントは14日の取材によるものです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ