「OmiyaVision」片村光博

伊藤彰監督「相手のストロングポイントをどれだけウィークに変えていくか」【練習コメント】

トレーニング中のコミュニケーション活発化には、指揮官も一定の手ごたえを感じている

■伊藤 彰監督
――中断期間中の取り組みへの感触は?
「選手はいろいろと取り組んでくれたので、そういう面では少しずつですけど、積み上がってきているのかなと感じています。守備のところでしっかりオーガナイズを組んだり、サイドハーフのプレッシャーでしたり、そういうところの意識は変わってきているかなと思いますし、アタックのところでは前への意識というのが少しずつ出てきています。オプションというのは、自分たちの中で意識させてきました」

(残り 1442文字/全文: 1759文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ