デジタルピヴォ! プラス

[第22回全日本フットサル選手権大会 決勝]シュライカー大阪・奥田亘選手「応援をしてもらえるというのは当たり前のことではないです」(2017/3/21)

 

第22回全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンド 決勝
フウガドールすみだ(Fリーグ・東京都) 2-7 シュライカー大阪(Fリーグ・大阪府)
2017年3月20日(月) 国立代々木競技場第一体育館(東京都) 観客数:3,228人
[得点経過]
1-0 2分 すみだ 14 西谷良介
2-0 3分 すみだ 6 宮崎暁
2-1 4分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-2 10分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-3 17分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-4 23分 大阪 11 チアゴ
2-5 30分 大阪 11 チアゴ
2-6 38分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-7 40分 大阪 11 チアゴ

 

今シーズン限りで引退をする奥田選手。
誰よりも苦労をして来た選手であり、多くのファンや選手、スタッフから愛された選手。
そんな奥田選手からの最後の言葉は温かみ・人間性にあふれていた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は大会優勝・シュライカー大阪・奥田亘選手囲みインタビュー。

Pivo!:すべて終わりました。今どういう気持ちですか?

奥田:やり切った気持ち。うれしさとこれで終わってしまう寂しさとひと言ではいえないような入り交じった感じですけど、何よりもこのメンバーで優勝できて、それが1番うれしいという気持ちが1番強いです

Pivo!:試合後、相手チームに対して満面の笑みで対応しましたが、ファンの前でやはり気持ちが込み上げてしまいました。笑顔は意識してのことでしたか?

 

 

奥田:意識的に泣かないようにはしていました(笑)。 試合の途中とか、試合が終わった瞬間とか泣いてしまうかなと思っていました。試合の前にも今日はラストゲームということでチームのスタッフ(フィジカルコーチの下地達朗氏)が(大事な試合で作ってくれる)モチベーションを上げるためのムービーを観ていました。1年目シュライカーでスタートしたときの思い出であったり、そういったものもすごい出て来て、そういうのものがあると込み上げるものがあって、控室で感極まってしまったのですが、そのときに小曽戸が、“まだ早い。勝って泣いて終わりにしよう”というふうに声をかけてくれて、そういうふうに思っていたのですけど、ひとりひとりの顔を見ていると抑えきれなくなって最終的にまた泣いてしまいました。情緒不安定というか、泣いちゃうか抑えられるか、どっちに転ぶかわからない紙一重の状況でした。そういう特別な気持ちがありました。

Pivo!:感情を突き動かされたファンへのメッセージをお願いします。

 

 

 

奥田:ここ2、3年はケガも含めて個人としては浮き沈みの激しいシーズンを送っていました。順風満帆というよりは厳しい時期が続いていましたが、声をかけ続けてくれたり、応援をしてもらえるというのは当たり前のことではないのでそういった意味で自分がシュライカーのユニフォームを着て応援してもらえるというのは本当に感謝していますし、それはこういう(優勝して)みんなで喜べるときに少しでも応援してよかったと思ってほしいという気持ちがあるのでみんなでああやって笑顔で喜んだり一緒に写真を撮ったりというのが僕なりの最大の恩返しですので今まで本当にありがとうございましたと伝えたいです。

Pivo!:先ほどのモチベーションムービーもそうですが、それくらいスタッフはきめ細かいケアをしてくれるのですね?

奥田:定永(久男ゴレイロ)コーチにも救われています。いつも声がけ1つとっても信頼してくれていることがわかる声がけでした。全力で背中を押してくれた1人なので。本当に感謝でいっぱいです。試合中ではサダくんのキャラクター、人を鼓舞するというか、ああいう人がいてくれて、一緒に戦ってくれること。できていないことには厳しくいってくれます。ああいう正直な人がいると乗りやすいですし、大きい存在でした。スタッフひとりひとりが自分たちがやるべきことを明確にしてくれました。それが強さにつながっています。この大会を通じて思いや感情すべてを出し切ろう。そういう思いで声がけをしていました。

(残り 1586文字/全文: 3252文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ