デジタルピヴォ! プラス

試合を優位にする展開もあったにも関わらず、それをものにできなかったのがこの2日間の結果につながっていると思います[Fリーグ第6節](町田・森岡薫)(2017/7/15)

 

DUARIG Fリーグ2017/2018第6節
ぺスカドーラ町田 0-8 名古屋オーシャンズ
2017年7月9日(日) 墨田区総合体育館 観客数:1,085人
[得点経過]
0-1  02分07秒    名古屋  14 西谷良介
0-2  05分38秒    名古屋  11 ルイジーニョ
0-3  06分25秒    名古屋  18 齋藤功一
0-4  13分49秒    名古屋  10 ヴァルチーニョ
0-5  14分47秒    名古屋  10 ヴァルチーニョ
0-6  34分16秒    名古屋  10 ヴァルチーニョ
0-7  35分44秒    名古屋  11 ルイジーニョ
0-8  36分54秒    名古屋  10 ヴァルチーニョ

 

「あまり今日は言うことがないです。完敗です」と語った森岡薫の語る答えは非常にシンプルなものであった。
「叩かれてこれがよかったなと言えるように練習から日々やっていくだけです」というようにぺスカドーラ町田にとっては今シーズンのターニングポイントになる2日間であったと今後言えるようなそれほど課題がたくさん出た2日間で表面化されていなかった問題も浮き彫りとなった。

 

以下は岡山孝介監督と森岡薫選手の記者会見。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

岡山孝介監督

試合を振り返って。
「大差はついてしまいましたが、点差ほどの差はないと思うので、悲観せずにまた頑張っていきたいと思います。ただ、やはり名古屋とは環境が圧倒的に違うので、何かしらの要素で少しでも隙ができれば、大差になってしまう。それくらいの差は実際に存在するなと思うので戦術面も、フィジカル面も、コンディション面でもそうですし、そういった部分、すべてをよい状態に持っていかないと難しいと思います。我々は昨日の夜に試合をして、今日の昼に試合をするような。そういった部分でも体力の維持ができるようなトレーニングをしていかないといけないですし、うまく休養も入れていかないといけないし、そういうところは自分にも責任がかかってくると思うのでもう1回練習から修正してがんばっていきたいと思います」

次節に向けての意気込み。
「細かい課題はたくさんあるのですが、急にすべてを改善していくのは難しいので、1回1回の練習を大事にして。幸い1週間は開くのでそこに向けて精一杯やっていきたいと思います」

森岡薫選手

試合を振り返って。
「あまり今日は言うことがないです。完敗です」

次節に向けての意気込み。
「ケガ人がいる中で、1週間で戻れるかわからないです。次節までは今のメンバーで戦うしかないので、少しでも修正してがんばっていくだけです」

 

以下は質疑応答。

Pivo!:最近のチーム状態はそこまで悪くなかったような印象でしたが、2日間で2戦ともに大差での敗退となりました。そうなってしまったことに関して振り返ると何が考えられますか?

岡山:昨日と今日で失点が多かったので同じように捉えられるかもしれないですが、昨日に関してはもっと出して切れていなかった感があって、今日の方が気持ち的にはアグレッシブに行っていた印象はあります。ただ、最近はカウンターを受ける回数も少し増えて来ているし、どうしてもポゼッションをするチームなのでそういったところが機能しないと劣勢に立たされるのは必然的なことなので、そういう風にならないようにするのもそうだし、そうなったときの対応もそうだし、そのあたりは練習からやっていくしかないのでまたがんばっていきます。

森岡:ベッキ(フィクソ)がいないですね。逆に質問しますが、いますか?攻撃的な選手が多く、守備は後ろでがんばっていますが、森谷もどちらかというと仕掛ける選手ではあるので、滝田と日根野谷、後ろしっかりと守る選手という意味では違う選手なのかなとも思うし、もちろん、僕らのフィニッシュを決められなかったという意味でもカウンターでの失点が目立ってしまいましたが、ただ、昨日も今日も自分たちは試合を優位にする展開もあったにも関わらず、それをものにできなかったのがこの2日間の結果につながっていると思います。はっきりとしたチャンスは昨日も今日もあったので、キーパーがいいのかフィールドプレイヤーが悪いのか、相手のブロックがよかったのかビデオをみないとわからないですが、ただ、そういうところではチャンスをいかすチームが勝つのがフットサルなので。サッカーも一緒ですが、シンプルでしかないです。鍵というものはなくて、決めれば勝つし、決めなければ負けるという簡単なことで僕はまとめてしまいます。でも、昨日に比べれば気持ちの面で今日は立ち上がりはよかったですし、相手に食らいつくという意味ではよかったところもあると思うので。メンバーにも話はしたのですが、昨日今日といいものをプラスに考えて得たと思うので。いままで負けることがなくて、負けが頭になかったところもあるだろうし、叩かれてこれがよかったなと言えるように練習から日々やっていくだけです。

 

以下は森岡薫選手の個別インタビュー。

(残り 2293文字/全文: 4341文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ