縦に紡ぎし湘南の

【コトノハ】端戸仁「ひとつ上の段階に」

第2ステージ第8節広島戦、左足で鮮やかな先制ゴールを仕留めた前半のさなかに異変は起きていた。
「たぶん足をポンと出したときだと思うんですけど、右足の付け根に肉離れとはまったく違う、ずれたような感覚がありました。初めてだったので自分にもよく分からなかった」

(残り 1544文字/全文: 1670文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ