縦に紡ぎし湘南の

【湘南vs東京V】レポート:スタイルと責任感と、溢れる可能性

■2017明治安田生命J2リーグ第23節
7月16日(日)湘南 2-0 東京V(19:04KICK OFF/BMWス/9,820人)
得点者:62’アンドレバイア(湘南)78’秋野央樹(湘南)
———–
狙っていたプレーができたと、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が前半を振り返ったように、東京Vは序盤からポゼッションを強め、4試合ぶりに先発した梶川諒太や左ワイドの安在和樹を中心にゴール前の勝負へと淀みなく持ち込んでいく。かたや湘南もGK秋元陽太や石川俊輝が食い止めるなど守るべきを譲らない。「あそこでリズムが崩れなかったことが最後に勝ちに繋がったと思う」曺貴裁監督がのちにそう振り返った、ゲームのひとつの肝だ。

(残り 1322文字/全文: 1629文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ