SIGMACLUBweb

【歴史に学べ】困難を極めたヴァレリー改革〜2001年の広島と現在との共通項を探る。Part.3

2001年の残留劇にプレーヤーとして大きく貢献した森保一。

 

広島史上、最も偉大な「キャプテン」は誰か。それを特定するのは、なかなか難しい。風間八宏・森保一・戸田和幸・森崎和幸・佐藤寿人・青山敏弘。それぞれ、個性的な選手であり、すぐれた選手であったことも論を待たない。ただ、2001当時にキャプテンマークを巻いていた上村健一(現讃岐コーチ)について、歴代キャプテンの中でもっとも「親分肌」だった評価するのは、おそらく間違いではあるまい。

(残り 3196文字/全文: 3484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ