「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-27[H] ロアッソ熊本戦『赤壁の戦い』(17.8.12)

『』2017.8.11

『八王子市のご当地キャラクター「たき坊」。しっぽに触ると、いいことがあるらしい。ほんとかよ』2017.8.11

2017年8月11日(金・祝)
J2第27節 東京ヴェルディ vs ロアッソ熊本
18:33キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]4,372人 [天候]雨、無風、気温24.8℃、湿度89%

東京V 1‐0 熊本
前半:0‐0
後半:1‐0
[得点]
1‐0 ドウグラス・ヴィエイラ(89分)

●東京Vスターティングメンバー
GK1   柴崎貴広
DF23 田村直也
DF3   井林章
DF5   平智広
MF18 高木大輔(53分 高木善)
MF33 渡辺皓太
MF17 内田達也
MF2   安西幸輝
FW7   アラン・ピニェイロ(65分 ドウグラス)
FW38 梶川諒太(70分 橋本)
FW13 カルロス・マルティネス
(ベンチメンバー:GK34内藤圭佑。DF4畠中槙之輔、6安在和樹、30高木純平。MF27橋本英郎。FW9ドウグラス・ヴィエイラ、10高木善朗)

監督 ロティーナ

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■狩りは先に焦ったほうの負け

相手のバックパスを読み切ったところで、勝負は決していた。一気に加速した渡辺皓太がパスカットし、その勢いを止めずに村上巧を抜きにかかる。たまらず村上は足を引っかけ、渡辺は転倒。素早く起き上がってドルブルし、ファーサイドのネットにシュートを突き刺した。しかし、このゴールは認められない。

「相手の選手(上村周平)がボールを受けた瞬間、こっちを少しも見ていなかったので、これはバックパスだと思って走りました。できれば転ばずにシュートまでいきたかったですね。絶対に点が取れる。それしか考えてなかったです。足がかかったあと笛が鳴ったのは聞こえましたけど、一応プレーを続けたほうがいいだろうと」(渡辺)

高山啓義主審は、東京ヴェルディに直接フリーキックを与え、ロアッソ熊本の村上にはレッドカードを出した。あそこはアドバンテージを見てほしいところだが、レフェリーが笛を吹いてしまったものは仕方がない。11分、この出来事がゲームの流れを決定づける。

10人となった熊本は守りを固め、東京Vにとって長い長い80分が始まった。

(残り 2205文字/全文: 3164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ