「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【監督・選手コメント】J2-32[H] 松本山雅FC戦に向けて ~ロティーナ監督、梶川、安在、井林(17.9.9)

相手に長いボールは、井林章がガツンとはね返す。

相手の長いボールは、井林章がガツンとはね返す。

9月10日のJ2第32節、松本山雅FC戦に向けて、ロティーナ監督、梶川諒太、安在和樹、井林章は次のように話した。

DF3井林章
――5日、井林選手の27歳の誕生日でした。おめでとうございます。
「ありがとうございます。いたってフツー。これといって心境の変化はなく、誕生日も特に変わりなく過ごしましたね」

――次節、松本戦。守り方のイメージは?
「相手が特別すごいことを仕掛けてくる印象はないです。前からボールを取りにいけば蹴られ、いかなければ間を通してくる。大事になりそうなのはセカンドボール。そこの拾い合いで負けると苦しくなります」

――奪ったボールをどのように攻撃につなげますか?
「サイドで数的優位をつくり、相手のプレッシャーが少ないところにボールをつけて、いかに前進させるか。全体的に引く時間があってもいいと思います。ドウグラス(・ヴィエイラ)の周辺に大きなスペースをつくり、アバウトに蹴ってもある程度はボールをコントロールしてくれるので」

――ドウグラス選手は絶好調。
「助かってますね。昨年もいい時期はあったんですが、周りがいまいち信用していなかった。あいつのよさは対峙してみるとよくわかるはずですよ」

――具体的には?
「駆け引きが巧く、キープ力がある。見かけより俊敏に動け、意外と強さもあります。ディフェンダーにとっては、いやな相手です」

――連勝は4で途切れましたが、負けなしは6試合と継続中です。
「これからのホームゲームは特に大事。落とすようなことがあれば、この先厳しくなります。しっかり勝点3を積み重ねたいですね」

(残り 2745文字/全文: 3492文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ