宇都宮徹壱ウェブマガジン

広瀬一郎の一番弟子が語る「わが師の恩」 中村聡宏(千葉商科大学専任講師)インタビュー<1/2>

 七夕の日の7月7日、5月2日に亡くなられた広瀬一郎さんの「お別れの会」が都内のホテルで行われた。こういう場合、「しめやかに」と表現するのが一般的なのだろうが、実のところは「笑いあり、涙あり」の会となった(とりわけ「88年以来の付き合い」という川淵三郎氏のスピーチは、まさに笑いと涙の配分が絶妙だった)。また当日は、スポーツ界で活躍するさまざまな方と再会できたのだが、後日それぞれの方々がFacebookにて広瀬さんの思い出を長文で書かれていたのも、実に印象的だった。

 今回は広瀬一郎さんを語る上で、個人的に「この人しかない」と思う方をゲストに迎えることにした。千葉商科大学専任講師の中村聡宏さんである。中村さんが広瀬さんに出会ったのは、株式会社スポーツナビゲーションを立ち上げた頃(参照)。その後、スポナビを去った広瀬さんが新たに立ち上げ、日本のスポーツビジネス界に多くの優秀な人材を輩出することになるSMS(スポーツ・マネジメント・スクール)でも、中村さんは初期段階から重要な役割を果たしている。

 少なくとも2002年以降に限っていえば、中村さんは広瀬さんの最も近くにいた人物である。そんな「高弟」にとり、広瀬一郎という人間はどのように見えたのだろうか。そして自身、スポーツビジネスを後進に伝える立場となり、師から学んだことをどのように伝えようとしているのか。広瀬さんとは、中村さんより少しだけ長くお付き合いのあった私だが、今回のインタビューではこれまで知り得なかった「広瀬一郎像」が明確になったように思う。あらためて故人の功績をリスペクトしつつ、広瀬一郎が私たちに何を残したのか、本稿が考察の契機となれば幸いである。(取材日:2017年5月19日@東京)

<目次>

*GWのさなかでの突然の悲報

*第一印象は「やたらと横文字が多い」

*『「Jリーグ」のマネジメント』での貴重な経験

*「300チームのGMを入れ替える」壮大なプラン

*最後まで「広瀬さんらしい」静岡知事選

*師匠的な要素と反面教師的な要素

■GWのさなかでの突然の悲報

――さっそくですが、5月2日の第一報というのは、いつどこで知りました?

中村 銀座のカフェで友人と会っているときに、ご家族の方から電話がかかってきて。お昼くらいでしたかね。その日はずっと打ち合わせ続きだったものですから、「また夕方に、僕の方からご連絡します」みたいな話で。亡くなられたのは、その日の朝だったようです。

――その日、私は渋谷でイベントがあって、帰りが遅かったんです。カミさんと自宅近くで遅い夕食を摂ろうとしたときに、仕事仲間から連絡があってTSS(スポーツ総合研究所)のHPに訃報が出ていたんですよね。かなり遅いほうでした。

中村 ただ、HPでお知らせしたのは夜の11時半くらいでしたから、ほぼタイムリーだったと思いますよ。その後、広瀬さんがよくゲスト出演していた、ニューズオプエドの公式アカウントがツイートして、そこから広がっていった感じですね(参照)

――あの日はそうとう電話、鳴りまくりだったんじゃないですか?

中村 そうですね、しっちゃかめっちゃかでしたね。

――結局、広瀬さんに最期のお別れはできたんでしょうか?

中村 できました。僕も葬儀に参列させていただいたんです。5月5日にご家族と、ご家族からご指名のあった何人かのご友人が出席しました。出席者は全部あわせて30人くらいでしたかね。変な話ですが、広瀬さん、すごくきれい顔をしていました。ちょっと微笑んでいる感じで。

――それにしても中村さんご自身は、ちょっと落ち着きました? この件に関して。

中村 僕自身はだいぶ落ち着きました。

――何が一番大変でした?

中村 各方面へのご連絡や、葬儀に関するサポートなどですかね。遺影写真をプリントして、額装するのをお手伝いさせてもらったりとか。広瀬さんは、そういうのを自分でするのが好きだったじゃないですか。

――そうでしたね。自分の本の装丁にこだわったり、気に入った絵を額装したり。

中村 それもあって娘さんから、「中村さん、お願いします」といわれて、それでGW中は駆けずり回っていました。でもおかげで変に落ち込む時間もなくて済みました。

――遺されたお子さんたちのフォローもされていたんでしょうか。

中村 いえ、それはまったくなかったです。上の娘さんは社会人でひとり暮らしをしていますし、下の息子さんのほうは大学4年生で今は公務員試験の勉強をしていると聞いています。葬儀の際も、ふたりとも僕よりもよっぽどしっかりとしていました。

(残り 3036文字/全文: 4898文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ